『笑顔のもどる、平穏な暮らし』を任意売却方針としています。お客様の状況により弁護士のご紹介も行い、最後まで解決することをお約束いたします。
人それぞれにご事情があり、状況は千差万別です。当社では、お客様にとって一番良い解決方法を考えて、ご提案をさせていただきます。
一般市場での売却事例等を基準に査定を行います。「少しでも早く、少しでも高く」を基本としています。
換金を急ぐ場合や、売却を知られたく無い場合は、当社の買取保証制度もご利用いただけます。
任意売却とは

about_img02

有利な売却を行うには早急な対応が肝心

何らかの事情によって住宅ローン等借入金の返済を続けることが困難になった場合、そのまま放置していると、金融機関が貸付金回収のために法的回収(競売申立)を行いますが、その競売を回避し、通常取引(一般市場で売却)を行うことが不動産任意売却です。

不動産売却価格が借入残高を上回る場合は通常の取引となりますが、平成2年以降、大都市の商業地を除き、不動産価格は未だ下落の一途で、購入時の価格で売却できることは稀であり、多くの場合は借入残高が売却価格を上回り「売りたくても売れない」状況となっています。

どうして良いのか判らずに返済が何ヶ月も滞り、金融機関の督促状や裁判所から競売の通知が届いて、慌てて行動される方が多いのが実情ですが、任意売却はそれぞれに事情や状況が異なっているために、有利な売却を行うには早急な対応が肝心です。

任意売却と競売の違い
負担が少ない
負担が大きい
■交渉によっては引越費用や、売却時の諸経費を売却代金から捻出することができることもあります。
■一般顧客への通常売却を行うため、市場価格での売却になります。
残債務は競売よりも少なくなります。(ケースによってはゼロになる場合もあります)
■転居に関わる費用は一切出ません。
ある日突然!裁判所からの強制執行(引渡命令)により、ホームレスに・・・
■転売目的での落札価格となり市場価格より低い金額での処分となります。
残債務が任意売却より多く残ります。
交渉による分割返済が可能です
交渉の余地は一切ありません
残債務の分割返済交渉が可能です。
保証人がいる場合でも、分割返済の交渉が可能です。
残債務は一括返済のみ。
保証人には金銭的にも精神的にも計り知れない多大な迷惑が掛かります。
通常の一般売却です
他人に「競売」が知れ渡ります。
通常の売却方法なので、何ひとつ変わりなく、競売前なら、ご近所の方にもわかりません。
裁判所の掲示板に張り出され、誰でも詳細を閲覧することが可能です。
新聞紙上にも公告されてしまいます。
出来る限りの配慮をいたします
出来る限りの配慮をいたします。
売却(転居)の時期や、売出の方法等々、同居のご家族に最大限の配慮をいたします。
法的処理のために、淡々と作業は進んでいきます。突然の見知らぬ訪問者(執行官や不動産業者)があります。
売却後のことも併せてご相談!
催促は止まらず、不安な日々
売却後の残債務処理のご相談から、転居先のご相談等「笑顔の戻る安心できる暮らし」までお手伝いいたします。
催促・督促は一切止まらず、写真入の広告をご近所に配る業者もあります。ご家族の精神的苦痛は甚大です。

些細なことも悩んでいないでご相談ください。「笑顔のもどる 平穏な暮らし」までお手伝いいたします。
まずは・・・あなたの現状をお聞かせください。