任意売却と競売の流れ
保証会社があなたに代わって代位弁済、または債権回収会社に債権譲渡や回収業務を委託
当社にご相談
「滞納」と言っても人それぞれにご事情があり、状況は千差万別です。 当社では、お客様にとって一番良い解決方法を考えて、ご提案をさせていただきます。
媒介契約
「売却に際し、当社と媒介契約を締結していただきます。媒介契約とは当社に対して売却業務を依頼するという内容で、費用は一切必要ありません。
抵当権者に連絡
売却依頼を受けた後、抵当権者(債権者)に対して、任意売却を行う旨を伝えて、同意を取り付けます。
査定・売出
裁判所に競売申立
競売開始決定
差押登記嘱託
法的処理(競売)は、所有者の意思や感情、それぞれの事情等には全く関与せず、非情ですが淡々と処理が進んでいきます。
執行官の現況調査
裁判所から執行官が不動産の調査に来られます。
外観や室内の写真撮影、現況の聞き取り調査等を行います。
評価書作成
物件明細書作成
売却基準価格決定
裁判所の指定した不動産鑑定士が、鑑定を行います。
競売による売却基準価格が決まります。
換金を急ぐ場合や、売却を知られたく無い場合は、当社の買取保証制度もご利用いただけます。

一般市場での売却事例等を基準に査定を行います。「少しでも早く、少しでも高く」が基本です。査定完了後、売出に掛かります。当社では折込広告、インターネット広告(yahoo 等)を駆使し、条件の良い買主様を広く探します。換金を急ぐ場合や、売却を知られたく無い場合は、当社の買取保証制度もご利用いただけます。

買主様と売買契約
売却依頼を受けた後、抵当権者(債権者)に対して、任意売却を行う旨を伝えて、同意を取り付けます。
担保抹消交渉・調整
売却価格確定後、抵当権者(債権者)や差押官庁との配分額交渉・調整を行い、最終同意を取り付けます。
代金決済・返済
【売却実施】競売公告
このころから、見知らぬ人が家の前をウロウロするようになり、突然の訪問者もあります。
裁判所での競売公告が始まり、入札期日や物件所在地、間取図、現況報告、現地写真(外観・室内)売却基準価格等々が、誰でも閲覧できるようになるため、競売で落札しようとしている人達が値踏みをするために尋ねてきます)。
【売却実施】期間入札
多くが転売目的で落札する業者であることから、市場価格よりもかなり低い金額での入札になります。
公開にて開札
裁判所にて執行官立会いの下、開札されます。
買主様より売買代金を受け取り、売却諸経費を控除し、各抵当権者(債権者)や差押官庁に弁済・納付し担保等抹消後、買主様へ所有
権移転登記を行います。
ご転居
新たな生活が始まります。
残債務の処理方法が決まり、不安で悩んだ日々から開放され「安心できる暮らし」が戻ってきます。
落札者決定
見知らぬ第三者が落札!
淡々と法的処理は進行し、代金納付後は速やかに落札者へ所有権移転されます。
立退き(強制執行)
既に、あなたの不動産では無く、ある日突然落札者より退去の申出があります。

些細なことも悩んでいないでご相談ください。「笑顔のもどる 平穏な暮らし」までお手伝いいたします。
まずは・・・あなたの現状をお聞かせください。