法人のご相談が増えてきました

法人のご相談が増えてきました。

マーク

『中小企業金融円滑化法』に基づく貸付条件変更利用後も業績が回復せず、原材料や資材高騰により仕入価格が上がり、大企業を除く中小零細企業の業績は低迷を続けたままです。

中小企業金融円滑化法の終了後も、金融機関はリスケジュールの要請に応じているため、全体の倒産件数は抑制されていますが、実態は想像以上に悪く、廃業等々を模索している企業が多くあります。

法人の場合は社長の自宅以外に事務所や倉庫、工場等々の不動産がありますが、金融機関から借入を行った際、共同担保に差し入れしているケースや、複数の金融機関から借入しているケース、親族や親しい知人が連帯保証人になっているケースが多く、権利関係が複雑に絡んでいます。

こんな場合、社長さんは『連帯保証人には絶対に迷惑を掛けられない』と最後の最後まで踏ん張って頑張っておられるのですが・・。 そんな義理人情に熱い社長さんも尽くす手が無くなり、ご相談に来られます。

ご相談をお受けしていて、インターネットで大きく広告している全国対応の任意売却の団体や業者さんへ相談に行った方がビックリするほど多く、驚きました! その際に良くお聞きするのが、みなさん口を揃えて『相談してみたが、かなり胡散臭い・・良いことばかり言うけれど、そんな旨い話があるのか信じ難い・・最初に連絡した業者から次々と違う業者を紹介された・・』 等々

中小零細企業といっても社長さんは一般の方よりも少なからず金融や法律のことを知っておられるので、胡散臭い話を見抜くことができたのだと思います。 もしも全く知識のない一般の消費者の方がそんな団体や業者に相談された場合は、何も分からず最終的に良からぬ結果になっているのだろうと思います。

誰にでも簡単に相談できることでは無いので、インターネット経由で相談相手を捜されることの心情はお察ししますが、できることなら信頼のできる友人知人や金融機関にしっかりした業者を紹介してくれるよう、ご相談されることをお勧めします。

 不動産に関わる・・あんなこと、こんなこと、『どうしようか?』『どうしたらいいのかな?』『誰に聞けばいいのかな?』 そんな時は、私達を思い出してください。 お電話でのご相談から、ご来店いただいてのご相談、何なりとご相談ください。 ご来店の場合は事前予約をお願いいたします。土曜日・日曜日もご相談承ります。


カテゴリー: 代表ブログ パーマリンク